Find the hidden essence of Japan voice cream
JP
MENU
SEE

吉野山の入口であり、日本の伝統を象徴する場所、金峯山寺。

山の中に現れる、木造大建築・蔵王堂。

桜の名所として全国的に有名な吉野山は、山全体が世界遺産登録されている聖地。和歌山県の熊野まで続く険しい山岳地帯は、修験道(しゅげんどう)の修行の場として1300年以上の歴史を持ち、その総本山となるのがここ金峯山寺(きんぷせんじ)です。

太い柱が何本も立ち、天に向かって伸びる木の息吹を感じさせる蔵王堂(ざおうどう)は、まさにこの地にふさわしい堂々たる佇まい。

「目で見るだけではなく、体全体で感じてほしい」

修験道とは、日本古来の山岳信仰に、神道や仏教、道教などが習合して形成された宗教。山に入り、体を使って厳しい修行をし、精神を高めることを目的とします。

「山の中ではすべてを神仏と捉え、修行を通して自然からお力をいただきます。神も仏も、そして自然への信仰もみな融合されている修験道は、日本人を表すものの一つと言えるでしょう。吉野山で、日本の伝統文化を体感していただけたらありがたいですね」と、修験僧である五條永教(えいきょう)さん。

特別拝観期間だけ扉が開かれる秘仏。

金峯山寺の御本尊は、約7mもの大きさを誇る蔵王権現三体。インドに起源を持たない日本独自の仏で、青い体に髪を逆立たせた鬼のような恐ろしい形相をしています。

これは乱世を鎮めるための仮の姿。厳しさがまた私たちの心を打ちます。 通常は巨大な厨子の中に納められ、特別期間のみ御開帳されるので、ぜひそのタイミングでも訪れてみてください。
(次回特別御開帳は、2017年4月1日〜5月7日)

秘仏本尊蔵王権現像三体 (写真提供:金峯山寺)
写真提供:吉野町

INFORMATION

金峯山寺
時間
8:30 〜 16:30 (受付16:00まで)
住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山
入場料
拝観料 大人 500円(特別拝観期間中は大人 1,000円)
お問い合わせ
0746-32-8371

KEEP IN TOUCH 奈良の最新情報はこちら

FACEBOOK
PAGE TOP
  1. 1
    LEARN

    奈良について知りたいなら

  2. 2
    SEE

    奈良に来たらまず観ること

  3. 3
    TRY

    奈良が好きならやるべきこと

  4. 4
    JOIN

    奈良で暮らすということ

読み込み中