Find the hidden essence of Japan voice cream
JP
MENU
SEE

原種から高級金魚まで。たくさんの金魚を一堂に見られる資料館

のどかな風景の中で泳ぐ色とりどりの金魚たち

近鉄郡山駅から徒歩約10分。数多くの溜池に囲まれた、のどかな風景が広がる大和郡山市新木町に「金魚資料館」はあります。1982年に「一年中金魚が見られる観光施設は全国どこにもない」ということから、先代の代表・嶋田正治氏が私費で開館。現在に至るまで、保存会や愛好会の人々の努力により、他にはない貴重な品種など約40種類の金魚が展示されています。

見て楽しい金魚がずらり!
泳ぐ図鑑のような展示に興味津々

30個のガラス水槽に、日本に実存する金魚が収集され、まるで泳ぐ図鑑のように展示されている資料館。祭りなどの金魚すくいでよく見られるのは、和金(わきん)と呼ばれる種類ですが、他にも地金(じきん)、土佐金(とさきん)、水泡眼(すいほうがん)など、金魚の種類は豊富にあります。

赤いフナが発見されて以来、品種改良は進められ、現在に至るまで珍しい金魚が様々誕生してきました。中には高級魚もあり、品評会でチャンピオンになった「らんちゅう」は約50万円の値がついたこともあります。こちらの資料館には現在、約10万円の「ジャンボだるま琉金」が優雅に泳いでいます。

ひと際大きな水槽で優雅に泳ぐ「ジャンボだるま琉金」。金魚の大きさに驚きます。

江戸時代から愛されていたことを実証する、金魚に関する古書も展示

資料館には、金魚に関する様々なものが展示されており、中でも目を引くのが日本で最初に金魚の飼育法が書かれた図書「金魚養玩草(きんぎょやしないぐさ)」。また、金魚が描かれた錦絵からは、当時の人々の様子を伺うこともできます。

庶民に愛され続ける金魚の歴史を、ぜひ間近で学んでみてください。

日本で最初に金魚について書かれている本や浮世絵など、金魚にまつわる貴重な資料が展示されている。
今では珍しい、金魚の品評会での番付表。

INFORMATION

郡山金魚資料館(やまと錦魚園)
時間
9:00 - 17:00、月曜休
住所
大和郡山市新木町107
入場料
無料
お問い合わせ
0743-52-3418

KEEP IN TOUCH 奈良の最新情報はこちら

FACEBOOK
PAGE TOP
  1. 1
    LEARN

    奈良について知りたいなら

  2. 2
    SEE

    奈良に来たらまず観ること

  3. 3
    TRY

    奈良が好きならやるべきこと

  4. 4
    JOIN

    奈良で暮らすということ

読み込み中