Find the hidden essence of Japan voice cream
JP
MENU

1400年前の技術を未来へ受け継ぐ。宮大工のものづくりへの執念

伝説の宮大工・西岡常一の唯一の内弟子・小川三夫氏が語る、法隆寺の美しさ

1400年前の技術を未来へ受け継ぐ。宮大工のものづくりへの執念

「技術は教えられない、弟子は自ら考えて学ぶもの」という宮大工の世界

1934年から半世紀に渡って行われた、数百年に一度の「法隆寺の大修理」。このときに法隆寺の金堂や五重塔の修復作業を指揮した伝説的な宮大工・西岡常一の唯一の内弟子であり、これまでに全国各地の寺院改修や再建、建築を行ってきた、小川三夫氏。

彼は、1977年に、職人の元で技術を学ぶ独自の徒弟制度による寺社建築会社「鵤工舎(いかるがこうしゃ)」を設立し、寝食を共にしながら現在までに多くの宮大工を輩出してきました。

宮大工とは、神社仏閣の建築や補修に携わる大工のこと。「技術や技法は師匠から弟子へ、口伝で継承されるのが普通」という世界で、小川氏が師匠・西岡常一から学んだのも「技術は教えない」ということ。師匠の仕事をひたすら見て覚え、体に染み込ませていく。

刃物の管理方法一つとっても、師匠がイチから方法を説明するのではなく、弟子が師匠と同じ時間を過ごすなかで、研ぎ方や保管の工夫、その理由を自ら考えながら学んでいく。「言葉に頼らず、手に記憶させ、それを実践するのが私たち大工のやり方」と小川氏は著書『木のいのち、木のこころ』でも記しています。

斑鳩町三井の里にある「鵤工舎(いかるがこうしゃ)」の外観
黙々と作業が行われる鵤工舎の仕事場
日々の作業のなかで、小川から学ぶ弟子

「1400年前の建物が残っていることが凄い」。
そこに、法隆寺の魅力がある

「法隆寺は中国や韓国から渡来した人の教えでつくったと言う人がいる。たしかに石の上に柱を置いたり、屋根を瓦で葺いたりするのは向こうの技術かもしれない。でも、法隆寺は中国あたりの建物とは全然違うんだな。雨が少ないせいか中国には軒の短い建物が多い。それらに比べて法隆寺は基壇を高くして湿気を逃し、その上に軒を長くつくって雨を凌いでいる。これはきっと、雨が多く湿気も高い日本の気候風土に合わせてつくられているんだな。ここに日本人の賢さがある」

と、法隆寺のつくりについて語る小川氏。言葉の一つひとつに、先人への尊敬と宮大工という仕事への誇りを感じる。宮大工から見た法隆寺の楽しみ方はあるのだろうか?

「まともな道具もない時代に、木工の技術に長け、これだけの建物をつくった大工がいたというのが凄い。本物だからこそ、いまここに残っている。ただ見るのではなく、1400年前のことを思い、感じてほしいな」

どのようにして木が運ばれ、組まれ、建てられたのか。建てた「人」を思いながら見るのも、楽しみ方の一つです。

なお、法隆寺の観光者用駐車場内にある観光案内所「法隆寺iセンター」の2階には、パネル(英語の説明入り)と当時使われた工具実物の展示があり、五重塔がどのようにしてつくられたかを知ることができます。

「法隆寺を建てた大工はスゴイ」と小川氏
現在、30人の弟子のうち女性は3人。日々修行を重ねている

先人たちが残した偉大な技術と、ものづくりへの精神を学び続ける

鵤工舎を設立して40年。これまで寝食をともにした弟子は100人を超え、現在も30名の弟子が技術を学び受け継ぐために日々修行を重ねています。

鵤工舎では、「できるだけ機械工具を使用せず、人の力でやるようにしている」と小川氏は言います。その理由について、著書『木のいのち 木のこころ』でこう記しています。

「機械がものづくりの中心になると、機械で処理しづらい木を使わなくなる。作りたい建物に合わせて木を選び、木に合わせて道具を作るという、職人の技術が死んでいってしまう。俺たちはただ建物を造るだけじゃなくて、人も育てる」

「法隆寺を見れば、凄い大工がいたことが分かる。俺らはその技術から学んでいるだけ」とも言う小川氏。師弟関係のなかでしか学べない技術と、何事にも真摯に取り組むものづくりへの執念を、次代の宮大工へ継承し続けています。

 

日本を代表する宮大工・小川三夫氏
道具(師匠の西岡さんが復元したとされる古代の道具・槍鉋) を持つ手から、職人の気迫を感じる

INFORMATION

鵤工舎 斑鳩作業所
住所
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺三井451
お問い合わせ
0745-74-3047

PROFILE

小川 三夫
小川 三夫

KEEP IN TOUCH 奈良の最新情報はこちら

FACEBOOK
PAGE TOP
  1. 1
    LEARN

    奈良について知りたいなら

  2. 2
    SEE

    奈良に来たらまず観ること

  3. 3
    TRY

    奈良が好きならやるべきこと

  4. 4
    JOIN

    奈良で暮らすということ

読み込み中